Calendar

<< 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Mobile

  • ECCUBEで注文完了メールに注文商品の画像を入れる
  • 2015.07.01
  • EC-CUBEバージョン:2.13.3

    対象ファイル
    data/class/helper/SC_Helper_Mail.php
    data/Smarty/templates/default/mail_templates/order_mail.tpl

    対象関数
    sfSendOrderMail

    ●変更前
    $objPage->tpl_header = $mailtemplate[‘header’];
    $objPage->tpl_footer = $mailtemplate[‘footer’];

    $arrTplVar->arrOrderDetail = $objQuery->select(‘*’, ‘dtb_order_detail’, $where, array($order_id));

    if ($send) {
    if ($objSendMail->sendMail()) {
    $this->sfSaveMailHistory($order_id, $template_id, $tosubject, $body);
    }
    }

    ●変更後
    //DBから読み込むメールテンプレートの改行をHTML用の改行に変換
    $objPage->tpl_header = nl2br($mailtemplate[‘header’]);
    $objPage->tpl_footer = nl2br($mailtemplate[‘footer’]);

    //画像のファイル名を取得
    $arrTplVar->arrOrderDetail = $objQuery->select(‘*,(SELECT main_image FROM dtb_products WHERE product_id = dtb_order_detail.product_id) as main_image ‘, ‘dtb_order_detail’, $where, array($order_id));

    //HTMLメールを送るように変更
    if ($send) {
    if ($objSendMail->sendHtmlMail()) {
    $this->sfSaveMailHistory($order_id, $template_id, $tosubject, $body);
    }
    }

    そしてHTMLメールに変更する為、メールテンプレートのorder_mail.tpl内の改行したい部分に<br />タグを挿入。
    また、sectionループ内で、画像を挿入したい部分に下記のように追加する。

    <img src="http://ドメイン名/upload/save_image/<!–{$arrOrderDetail[cnt].main_image}–>" />

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • EC-CUBEで会員機能を無くし更に「お支払方法・お届け時間等の指定」ページも無くす
  • 2015.06.20
  • ECCUBEバージョン:2.13.3

    対象ファイル
    data/class/pages/shopping/LC_Page_Shopping.php
    data/Smarty/templates/default/shopping/confirm.tpl

    対象関数
    LC_Page_Shopping.php内のaction

    【以下変更箇所抜粋】

    ●変更前
    // お客様情報登録
    case ‘nonmember_confirm’:
    $this->tpl_mainpage = $nonmember_mainpage;
    $this->tpl_title = $nonmember_title;
    $this->lfInitParam($objFormParam);
    $objFormParam->setParam($_POST);
    $this->arrErr = $this->lfCheckError($objFormParam);

    if (SC_Utils_Ex::isBlank($this->arrErr)) {
    $this->lfRegistData($this->tpl_uniqid, $objPurchase, $objCustomer, $objFormParam);

    $arrParams = $objFormParam->getHashArray();
    $shipping_id = $arrParams[‘deliv_check’] == ‘1’ ? 1 : 0;
    $objPurchase->setShipmentItemTempForSole($objCartSess, $shipping_id);

    $objSiteSess->setRegistFlag();

    SC_Response_Ex::sendRedirect(SHOPPING_PAYMENT_URLPATH);
    SC_Response_Ex::actionExit();
    }
    break;

    default:
    // 前のページから戻ってきた場合は, お客様情報入力ページ
    if (isset($_GET[‘from’]) && $_GET[‘from’] == ‘nonmember’) {
    $this->tpl_mainpage = $nonmember_mainpage;
    $this->tpl_title = $nonmember_title;
    $this->lfInitParam($objFormParam);
    } else {
    // 通常はログインページ
    $this->lfInitLoginFormParam($objFormParam);
    }

    $this->setFormParams($objFormParam, $objPurchase, $this->tpl_uniqid);
    break;

    ●変更後
    // お客様情報登録
    case ‘nonmember_confirm’:
    $this->tpl_mainpage = $nonmember_mainpage;
    $this->tpl_title = $nonmember_title;
    $this->lfInitParam($objFormParam);
    $objFormParam->setParam($_POST);
    $this->arrErr = $this->lfCheckError($objFormParam);

    if (SC_Utils_Ex::isBlank($this->arrErr)) {
    $this->lfRegistData($this->tpl_uniqid, $objPurchase, $objCustomer, $objFormParam);

    $arrParams = $objFormParam->getHashArray();
    $shipping_id = $arrParams[‘deliv_check’] == ‘1’ ? 1 : 0;
    $objPurchase->setShipmentItemTempForSole($objCartSess, $shipping_id);

    $objSiteSess->setRegistFlag();

    SC_Response_Ex::sendRedirect(SHOPPING_CONFIRM_URLPATH);
    // SC_Response_Ex::sendRedirect(SHOPPING_PAYMENT_URLPATH);
    SC_Response_Ex::actionExit();
    }
    break;

    default:
    // 前のページから戻ってきた場合は, お客様情報入力ページ
    // if (isset($_GET[‘from’]) && $_GET[‘from’] == ‘nonmember’) {
    $this->tpl_mainpage = $nonmember_mainpage;
    $this->tpl_title = $nonmember_title;
    $this->lfInitParam($objFormParam);
    // } else {
    // 通常はログインページ
    // $this->lfInitLoginFormParam($objFormParam);
    // }

    $this->setFormParams($objFormParam, $objPurchase, $this->tpl_uniqid);
    break;

    メンテナンス性を考え、実際には「LC_Page_Shopping_Ex.php」に変更箇所だけ記述して上書きしています。
    まず、defaultの所で、ログインページを表示するのをやめゲスト購入だけ表示するようにしました。
    またサイト内ではMyページ等へのリンクも全て削除する必要があります。

    次にnonmember_confirmの所でリダイレクト先をSHOPPING_CONFIRM_URLPATHに変更しています。

    最後にconfirm.phpの「戻る」ボタンのリンク先を<a href="./payment.php">から<a href="payment.php?mode=return">に変更して戻り先をお客様情報入力画面に変更しました。

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • EC-CUBEでスマートフォンからのアクセスでPCサイトを表示する
  • 2015.03.18
  • 最近、EC-CUBE案件が増えてます。
    予算等の関係でPCサイトのみのECサイトを制作する場合、
    スマートフォンからのアクセスの際にPC用のサイトを表示する必要がありましたのでその方法をまとめておきます。
    ※EC-CUBEのバージョンは2.13.3です。

    ●対象ファイル
    /data/class_extends/SC_Display_Ex.php

    ●変更箇所
    /data/class/SC_Display.phpのファイルのdetectDevice関数をコピーして
    SC_Display_Ex.phpのclass内にペーストします。

    public static function detectDevice($reset = FALSE)
    {
    if (is_null(SC_Display_Ex::$device) || $reset) {
    $nu = new Net_UserAgent_Mobile();
    $su = new SC_SmartphoneUserAgent_Ex();
    if ($nu->isMobile()) {
    SC_Display_Ex::$device = DEVICE_TYPE_MOBILE;
    // } elseif ($su->isSmartphone()) {
    // SC_Display_Ex::$device = DEVICE_TYPE_SMARTPHONE;
    } else {
    SC_Display_Ex::$device = DEVICE_TYPE_PC;
    }
    }

    return SC_Display_Ex::$device;
    }

    これで、スマートフォンの時でもPCサイトを表示するようになります。
    ちなみに、スマートフォンと携帯のいずれのアクセスの時もPCサイトを表示するようにするには
    下記のようになると思います。

    public static function detectDevice($reset = FALSE)
    {
    if (is_null(SC_Display_Ex::$device) || $reset) {
    $nu = new Net_UserAgent_Mobile();
    $su = new SC_SmartphoneUserAgent_Ex();
    // if ($nu->isMobile()) {
    // SC_Display_Ex::$device = DEVICE_TYPE_MOBILE;
    // } elseif ($su->isSmartphone()) {
    // SC_Display_Ex::$device = DEVICE_TYPE_SMARTPHONE;
    // } else {
    SC_Display_Ex::$device = DEVICE_TYPE_PC;
    // }
    }

    return SC_Display_Ex::$device;
    }

    要するに、SC_Display_Ex::$device = DEVICE_TYPE_PC;だけにするという事ですね。

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • ECCUBEのお客様の声を商品詳細以外のページで実装する
  • 2015.03.03
  • ECCUBEで構築されたサイトで、新規にページを追加して商品のランディングページのようなものを作成した際に、商品詳細にあるレビュー機能を実装したかったので調べましたが、そのようなニーズが無いのか、希望するものが見つからなかった為、レビュー機能を表示する方法をまとめておきます。

     

    まず、お客様の声のSmartyのソースは下記のようになっておりますので、これを追加したページのテンプレートファイルに貼り付けます。
    ※ソースは必要に応じて適宜変更してください。

     

    <!–この商品に対するお客様の声–>
    <div id=”customervoice_area”>
    <h2><img src=”<!–{$TPL_URLPATH}–>img/title/tit_product_voice.png” alt=”この商品に対するお客様の声” /></h2>

    <div class=”review_bloc clearfix”>
    <p>この商品に対するご感想をぜひお寄せください。</p>
    <div class=”review_btn”>
    <!–{if count($arrReview) < $smarty.const.REVIEW_REGIST_MAX}–>
    <!–★新規コメントを書き込む★–>
    <a href=”../products/review.php”
    onclick=”eccube.openWindow(‘../products/review.php?product_id=●●●●●’,’review’,’600′,’640′); return false;”
    target=”_blank”>
    <img class=”hover_change_image” src=”<!–{$TPL_URLPATH}–>img/button/btn_comment.jpg” alt=”新規コメントを書き込む” />
    </a>
    <!–{/if}–>
    </div>
    </div>

    <!–{if count($arrReview) > 0}–>
    <ul>
    <!–{section name=cnt loop=$arrReview}–>
    <li>
    <p class=”voicetitle”><!–{$arrReview[cnt].title|h}–></p>
    <p class=”voicedate”><!–{$arrReview[cnt].create_date|sfDispDBDate:false}–> 投稿者:<!–{if $arrReview[cnt].reviewer_url}–><a href=”<!–{$arrReview[cnt].reviewer_url}–>” target=”_blank”><!–{$arrReview[cnt].reviewer_name|h}–></a><!–{else}–><!–{$arrReview[cnt].reviewer_name|h}–><!–{/if}–> おすすめレベル:<span class=”recommend_level”><!–{assign var=level value=$arrReview[cnt].recommend_level}–><!–{$arrRECOMMEND[$level]|h}–></span></p>
    <p class=”voicecomment”><!–{$arrReview[cnt].comment|h|nl2br}–></p>
    </li>
    <!–{/section}–>
    </ul>
    <!–{/if}–>
    </div>
    <!–お客様の声ここまで–>

     

    ※product_idは該当する商品のidを指定します。

    このソースを見ると、必要な情報は「$arrReview」と「$arrRECOMMEND」という配列に入っているようなので、

    user_dataフォルダの中の新規に追加したファイル名のPHPファイルに追加していきます。

     

    まず、変数の宣言をします。

    /** @var array レビュー情報 */
    public $arrReview;

    /** おすすめレベル */
    public $arrRECOMMEND;

     

    次に関数を下記の通り変更する。

    function init()
    {
    parent::init();
    $masterData = new SC_DB_MasterData_Ex();
    $this->arrRECOMMEND = $masterData->getMasterData(‘mtb_recommend’);
    }

     

    function action()
    {
    //レビュー情報の取得
    $this->arrReview = $this->lfGetReviewData();

    }

     

    action関数で使われるlfGetReviewData関数を追加する

    //商品ごとのレビュー情報を取得する
    function lfGetReviewData() {
    $objQuery =& SC_Query_Ex::getSingletonInstance();
    $col = “create_date, reviewer_url, reviewer_name, recommend_level, title, comment”;
    $from = “dtb_review”;
    $where = “del_flg = 0 AND status = 1 AND product_id = ?”;
    $objQuery->setOrder(‘create_date DESC’);
    $objQuery->setLimit(REVIEW_REGIST_MAX);
    $arrWhereVal = array(“4”);
    $arrReview = $objQuery->select($col, $from, $where, $arrWhereVal);
    return $arrReview;
    }

    ※$arrWhereValは、表示したい商品のproduct_idを指定します。

     

    これで、レビューの表示と投稿ができるようになりました。

     

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • スマートフォンサイトのロールオーバーについて
  • 2015.02.27
  • スマートフォンサイトでは、PCサイトとは違いマウスがありませんのでロールオーバー効果は表現できませんが、タップしたときにロールオーバーのような効果をつけることはスマホサイトでも可能です。

    検索してもaddClass()やremoveClass()を使用したclass操作だったり、background-imageを利用した操作だったりと手間がかかるため簡単に画像を差し替えられるスクリプトを作成しました。

     

    <img>にclassを設定するだけで、タップしたときに画像が切り替わります。

    スクリプトは下記になります。
    rollover.jsのような名称を付けたファイルに保存しておいて、使用するときはjQueryと一緒に読み込むようにするとソースもすっきりします。

    プリロード機能もあるので、手間いらずです。

    //ロールオーバー用画像のプリロード

    $(function(){
    $(“.rollover”).each(function(){
    if(String($(this).attr(“src”)).match(/_off\.(.*)$/)){
    var img = new Image();
    img.src = String($(this).attr(“src”)).replace(/_off\.(.*)$/,”_on.$1″);
    }
    });
    });

     

    //_offと_onを切り替える

    $(function(){
    $(“.rollover”).bind(“touchstart”,function(){
    $(this).attr(“src”,$(this).attr(“src”).replace(“_off.”, “_on.”));
    });
    $(“.rollover”).bind(“touchend”,function(){
    $(this).attr(“src”,$(this).attr(“src”).replace(“_on.”, “_off.”));
    });
    });

     

    【使い方】

    jQueryと上記のソースを外部ファイル化(rollover.js)したものを読み込んで、イメージにクラスを指定するだけです。

    その際、画像のファイル名は、「_off.拡張子」というように、「_off」のついた名称にする必要があります。

    <img src=”hogehoge_off.jpg” class=”rollover”>

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • SSL3.0の脆弱性について
  • 2015.01.07
  • SSL3.0のプロトコルについて、新たな脆弱性「POODLE」が確認されたという事で、その対応を行ったので備忘録としてまとめておきます。
    使用していたサーバーは使えるネットのVPSシルバープランです。

    まず、SSL3.0が有効なのか無効なのかを調べてみました。
    コマンドは下記のとおりです。

    openssl s_client -ssl3 -connect [サイトのドメイン名]:[ポート]

    無効な場合は、以下のようなエラーになりますので、この場合は対応しなくて大丈夫です。

    SSL routines:SSL3_READ_BYTES:sslv3 alert handshake failure:
    /xx/src/ssl/s3_pkt.c:xxxx:SSL alert number 40
    SSL routines:SSL3_WRITE_BYTES:ssl handshake failure:/xx/src
    /ssl/s3_pkt.c:xxx:

    私の環境は有効な状態でしたので、対応してみます。
    私の場合は、apacheなので、apacheの設定ファイルを以下のように修正します。

    まず、/etc/httpd/conf.d/ssl.confのバックアップをとって、
    ssl.confを見てみますと下記のような記述がありましたのでその部分を変更します。

    【変更前】
    #SSLProtocol all -SSLv2

    【変更後】
    SSLProtocol all -SSLv2 -SSLv3

    あとはapacheを再起動して、最初のコマンドで確認してみると
    無事に無効化されていました。

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • さくらインターネットのスタンダードプランでpearとパッケージのインストール
  • 2014.12.18
  • QRコードの生成プログラムを作りたかったので、Pearの「Image_QRCode」を使いたかったのでインストールしてみました。

    使用するサーバーは、さくらインターネットのスタンダードプラン。

    以前、他のサーバーで行った方法と同じ、go-pear.phpを利用したインストールを行ってみました。

    1)http://pear.php.net/go-pear の内容をgo-pear.phpという名前で保存

    2)FTPソフトを使用して、サーバー内にアップロードします。

    3)アップロードしたgo-pear.phpにブラウザでアクセス。

    4)画面に従って進めていき、2箇所だけ設定

    1のInstallation prefixは、/home/(アカウント名)/pear

    11のphp.ext pathはさくらインターネットの場合「/usr/local/bin/php」

    ここで、どうしても、21%から先に進んでくれません。

    調べてみると、go-pear.php自体に問題があるらしく、下記のサイトからgo-pear.phpをダウンロードしたら無事に完了しました。

    http://d.hatena.ne.jp/furyu-tei/20140501/1398940857

    5)次にシェルで.cshrcにパスを設定する

    私の場合、Tera Termで、$HOMEで、ホームディレクトリに行き、.schrcをviで編集しました。

    set pathの末尾に「$HOME/(インストールフォルダ名)/bin」を追記。
    (私の場合は$HOME/pear/bin)

    6)これでPearのインストールは完了です。

    次に今回必要なパッケージ「Image_Qrcode」をインストールします。
    安定版(stable)が無いようですので、下記のコマンドでインストールします。

    pear install channel://pear.php.net/Image_QRCode-0.1.3

    すると、下記のようなエラーが!

    Cannot install, php_dir for channel “pear.php.net” is not writeable by the current user

    pear config-showで設定を確認すると、さくらインターネットの共用部分を指していますので、

    私の場合、下記のコマンドでディレクトリを変更することで、無事にインストールできました。
    pear config-set php_dir /home/(アカウント名)/pear
    pear config-set data_dir /home/(アカウント名)/pear/PEAR/data
    pear config-set doc_dir /home/(アカウント名)/pear/PEAR/docs
    pear config-set test_dir /home/(アカウント名)/pear/PEAR/tests

    7)最後に、さくらインターネットのコントロールパネルでphp.iniを変更します。

    include_path=”.:/usr/local/php/5.3/lib/php:.:/home/(アカウント名)/(PEARインストールフォルダ名)”
    デフォルトのインクルードパスと、今回Pearをインストールしたパスを:(コロン)でつなげて複数指定します

    以上で、無事に「Image_QRCode」を使う事が出来ました。

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • ECCUBEの商品画像の掲載数を増やすには
  • 2014.10.10
  • ECCUBEの商品画像を増やすカスタマイズを行ったので、備忘録として方法をまとめます。
    ECCUBEのバージョンは2.13.2で、使用しているサーバーは使えるネットのVPSサーバーです。

    とりあえず、10点まで登録できるようにしてみました。

    (1)データベースに格納する領域を確保
    phpMyAdminを使用します。
    dtb_productsテーブルを見ると、写真6までのフィールドがあるので、
    7から追加していきます。
    まず、以下のSQLを実行。

    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_title7 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_comment7 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_image7 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_large_image7 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_title8 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_comment8 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_image8 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_large_image8 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_title9 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_comment9 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_image9 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_large_image9 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_title10 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_comment10 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_image10 text;
    ALTER TABLE dtb_products ADD COLUMN sub_large_image10 text;

    すると、dtb_productsテーブルの末尾に新たなフィールドが作成されます。

    (2)/data/class/SC_Product.phpの修正
    alldtlSQL関数内に下記を追加

    ,dtb_products.sub_title7
    ,dtb_products.sub_comment7
    ,dtb_products.sub_image7
    ,dtb_products.sub_large_image7
    ,dtb_products.sub_title8
    ,dtb_products.sub_comment8
    ,dtb_products.sub_image8
    ,dtb_products.sub_large_image8
    ,dtb_products.sub_title9
    ,dtb_products.sub_comment9
    ,dtb_products.sub_image9
    ,dtb_products.sub_large_image9
    ,dtb_products.sub_title10
    ,dtb_products.sub_comment10
    ,dtb_products.sub_image10
    ,dtb_products.sub_large_image10

    (3)ECCUBEの管理画面の設定を変更する
    EC-CUBE管理画面>システム設定>パラメーター設定 の
    PRODUCTSUB_MAX を10に変更

    ECCUBEの変更箇所は以上の通りです。

    ただ、私の環境では、9枚目以降の登録ができませんでした。
    これは、サーバーのmax_file_uploadsの値が20になっていた為のようです。
    私の場合は、PLESKにログインして「PHP設定」のページの一番下にある
    「追加ディレクティブ」の入力ボックス内に
    max_file_uploads = 100
    と設定することで、9枚目以降の画像も登録できるようになりました。

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • 2014/09/24に発表されたBash脆弱性と解決法
  • 2014.09.26
  • Bashの脆弱性が見つかったというメールがサーバ会社から来たので、早速対応しました。
    今後の為に、対応策をメモしておきます。

    まず、SSHでログインして、下記のコマンドを入力して確認しました。
    env x='() { :;}; echo vulnerable’ bash -c “echo this is a test”

    脆弱性ありの場合、以下のようになります。

    # env x='() { :;}; echo vulnerable’ bash -c “echo this is a test”
    vulnerable
    this is a test

    やはり問題があるようなので、yumでアップグレードします。

    # yum update bash

    そうすると、アップグレードするbashのダウンロードをするか聞いてきますので
    「y」キーを押して、ダウンロードとインストールを続行します。

    Complete!とメッセージがでたらインストール終了なので、最後に
    /sbin/ldconfig と入力して共有ライブラリの依存関係情報を更新しておきます。

    尚、私の使用しているサーバはCentOSです。

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)
  • さくらインターネットでdate関数を利用する
  • 2014.09.22
  • さくらインターネットでdate関数を利用して、現在日時を取得する際に、
    日時が正しく取得できなかったため、対策を備忘録として記述いたします。

    さくらインターネットのコントロールパネルにログインして
    PHP設定の編集画面を開くとphp.iniが編集できるので、
    date.timezone = Asia/Tokyoを追加すると
    正しく取得できるようになりました。

【この記事のタグ】
コメント&トラックバック(0)

▲ PAGE TOP