Calendar

<< 4月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • SWFObject v2.2の使い方
  • 2010.08.01
  • SWFファイルをHTMLに貼る際によくつかわれるswfobjectですが、バージョンが2.xになり、
    これまでの1.x系とは設置方法が若干変更になっているため、2.x系の設置方法を記述します。

     

    1)利用するページの<html>〜</html>に下記を記述。

     

    <script src=”swfobject.js” type=”text/javascript”></script>

     

    2)SWFを配置したい位置にid指定をする。

     

    <div id=”flashcontent”>javascriptが有効じゃなかった時に表示される代替テキストor代替画像</div>

     

    3)SWFファイルを読み込む。

     

    <script type=”text/javascript”>
    swfobject.embedSWF(“swfファイルへのパス”, “挿入するブロックのID”, “幅”, “高さ”, “プレイヤーのバージョン”);
    </script>

     

    ↑これは、<head>内に記述しても大丈夫です。
    また、複数のSWFを読み込む場合は、それぞれ該当するブロックのIDを指定する。

     

    このように、大きく変わった点は3)の部分です。
    よりシンプルに記述できるようになりました。 😉

     

    ホームページ制作・WEBシステム開発

【この記事のタグ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

▲ PAGE TOP